#1402 山陰の旅(19) 宍道湖の夕日

大山から松江に向かって走ること小一時間。
宍道湖の夕日が見れるかどうか微妙なところです、

1. 何とか湖畔から夕陽を見ることができました。
d0069495_23222064.jpg






2. 場所を変え、宿の駐車場に車を停めてさらに夕陽を追いかけたのですが
d0069495_2235785.jpg



3. ダッシュの甲斐なく夕陽は沈んでしまいました。
d0069495_22352957.jpg



4. 宿に戻ってチェックインを済まし、部屋で一息。
d0069495_2236098.jpg



5. カーテンを開けると外はもう暗くなっていました。
d0069495_22362090.jpg



大山牧場ミルクの里を出たのが5時半ごろでしょうか。
宍道湖の夕日が見れるかどうか微妙なところです。
「何とか見れますように」という思いで車を走らせたのですが
松江・玉造ICで下りなければならないところ、間違って一つ手前のICで下りてしまいました。
宍道湖が目の前に見えて来ると、今まさに夕陽が沈もうとしているところでした。
いけないとは思いながら路上駐車して、とりあえずあわてて3カット。
今日の宿の駐車場に車を停めて、出迎えてくれた宿の方には
「とりあえず夕陽の写真を撮りたいから、後でチェックインします。」と伝えて
湖畔を相方と二人ダッシュ。
娘はというと「ようやるわ。」というような顔をして、後からゆっくり歩いて来ます。
温泉街の建物の間から大きな夕陽が見えてます。
「もうちょっと、そのままで」という思いは虚しく、太陽が見えるところまで来たときは
既に日は沈んだ後でした。
ミルクの里に寄らなければという思いはあったものの、ソフトクリームの誘惑に勝てなかった家族。
宿に着くとフロントの人が「今日は、今年一番の夕日でしたよ。」とおっしゃる。
う~ん残念。
「また、いつかもう一回来たらええやん。」とは相方の弁。
まあ、沈んでしまったものは文句を言ってもどうしようもないので、とにかく部屋に入ってお茶などいただいて
一息ついた後、カーテンを開けると外はもう暗くなっておりました。
夕暮れの時間はあっという間です。
[PR]
by echoes06 | 2010-04-25 00:26

写真・イラスト・よもやま話


by おすぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31