なら燈花会 Part2


d0069495_6184338.jpg

春日野園地会場を後にして、奈良駅の方に戻ってきました。
ずっと、立ちっぱなしだったので、芝生の上にでも腰をおろしたいところですが…





d0069495_6191060.jpg

ベンチに腰掛けるならともかく
芝生の上に腰をおろそうものなら、大変なことになりかねません。
鹿のフンをズボンにつけたまま電車に乗る…という
まことに恥ずかしい思いをするでしょうから(笑)。
まあ、それほど奈良公園には鹿が多い。

鹿のフンはフンコロガシという昆虫が餌にして
媒介し、芝の養分となり
その芝を鹿が食べるということで
この公園内の生態系が保たれていたのですが
近年鹿の数が増えすぎて、環境が変化しているとか
春日野原生林も鹿が増えすぎている影響で
枯れ木が増加しているということを
春日大社の方が言うたはりました。





d0069495_6192774.jpg

なら燈花会の会場は10箇所あって
うち2箇所は最終日か最終の二日間のみですが
期間中は8箇所の会場で見れます。
春日野園地会場から奈良国立博物館前会場に移動しました。






d0069495_6195044.jpg

その後、興福寺をとおって猿沢池にやってきました。
猿沢池から見る興福寺五重塔は
昼間とはまた違った感じで
夜空に浮かび上がってるようにも見えます。
個人的にはちょっとライトの光が強すぎるような感じがしました。






d0069495_620866.jpg

駅に向かう途中の小さな神社にも
たくさんのロウソクの灯が点っていました。






d0069495_620298.jpg

なら燈花会の期間中は
ご商売をされている方にとっても
忙しくなることでしょうね。


PENTAX K10D with TAMRON SP AF28~75㎜F2(Model A09)
[PR]
by echoes06 | 2007-08-07 06:21

写真・イラスト・よもやま話


by おすぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31