遅れてやって来たスーツの男

 
d0069495_21231861.jpg

さてさて、前回の記事から時間を戻すこと数時間前、午前中のプチオフに行けなかったワタクシは午後からの参加ということになりました。
「用事が終わったのでこれからそちらに向かいましょうか」とメールを入れると、程なくして「何時頃になりますか」と返信があった後、メールでやりとりより電話の方が早いわと思ったのかrauke氏から電話が入りました。
 
「もしもしっ。」
ひっ、電話から聞こえてくるのは美しき女性の声。
あやうく携帯電話を落としそうになったわ。
携帯電話にはrauke氏の表示があったので、当然電話の向こうからはrauke氏の声が聞こえてくるものと思っていただけに心の準備ができてない。
『あ、あ、あんさん、いつから女性にならはったんですかっ!』
 
「もしもし、マロンです。」
「あ、マロンさん。どうも、どうも、ども、どもっ。」
raukeさん運転中とみえて、代わりに電話してくれはったようです。
 




 
 
d0069495_21234859.jpg

お茶でも飲みましょかということで、言われた場所に到着してみると、春らしい爽やかな服装の女性陣に混じって、黒の半袖Tシャツに迷彩柄のハーフパンツという一人浮いた格好のR氏。
ま、ワタシも着替える間がなくスーツ姿だったので、別の意味で浮いてたかも。
(この服装のせいで、後でR氏のキツーイ一言が待っているとは、この時点では全然想像もワタシはしていなかったのであります。)
 
 
 



d0069495_21241355.jpg

マロンさんが店内撮影OKの承諾をもらってくれはって、オーダーしたモノが出されるまでちょっと店内を撮影。
何気なく一番奥の席に座ったので、隣のR氏に一言
「すんません。ちょっと通してもらえます。」
「あかん。」
「う~ん、いけずぅ~。」
 
落ち着きのある女性陣に比べ、そわそわ、がさがさと落ち着きのないRさん、Eさん(あ、Eさんってワタクシの事です。)
それでも、いざ写真を撮るときは、静かなもんです。
 
 
 
 

d0069495_21243678.jpg

ふと気付くとR氏のカメラのホットシューの部分になにやら不思議な物体がついてます。
「それ、何ですか?」
R氏、『やはり、気付いたか』というような顔で
「水準器ですよ。」
デジタル式の水準器で、水平が保たれてればグリーンのランプが点灯するようになってます。
これ、良いかも。
ファインダーを覗いていてもランプがグリーンになればわかります。
欲しいっ!名づけて『右下がり写真撲滅ギブス』
だけど、それでも右下がりの写真になってたら、カメラのCCDが傾いてるか、さもなければ…
いや、それ以上はワタシの名誉のために言うまい。
 
 



d0069495_21245228.jpg

隠れ家的な感じの雰囲気のあるお店でした。
それぞれ、オーダーしたものをいただいた後、上の階にあるお店(ガラス製品と家具)に行ってみることになりました。

 
   つづく

PENTAX DA40mm f/2.8 Limited
[PR]
by echoes06 | 2008-05-26 00:38

写真・イラスト・よもやま話


by おすぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31