d0069495_0491238.jpg

8月5日、日中はカンカン照りだったけど夕方から雷を伴う大雨で、行くつもりをしていた燈花会は中止。
今年は、燈花会の様子は他の人の写真を拝見させてもらって行った気分に浸ろうと思っていたけれど、まあ仕事が終わってからでも行けない事はないので、ブラリと燈花会に行ってきた。
 




 
d0069495_0493678.jpg


d0069495_0495647.jpg


d0069495_0501661.jpg


d0069495_0503890.jpg

raukeさんのところに
『お願いがあります。
どうかこちらのなら 燈花会 ホームページをご覧になってから訪れて下さい。
とても大切な事が書かれていますので・・・。』と『三脚禁止』の件について書かれていたので、三脚は持って行かないことに。
もっとも、三脚禁止でなくても仕事の続きに行くことを思えばもって行くつもりもないし、去年行ってみて三脚がいかに他の人の邪魔になるかがわかっているから。
主催者の話によると、今日が今年の一番の人出らしい。
こりゃ、また、えらい日に来てしもた。
といっても14日が最終なので、まあ仕方ないです。

本来はお盆の行事は先祖供養なんだけど、人でごったがえしてるわ、屋台が道幅を狭めてるわで、さながら何かの祭りの様相。
JR奈良駅から猿沢の池に歩いてくるだけで疲れます。
写真を撮るという行為は別段問題はないし、多くの人がコンデジや携帯でパチパチやっております。
あちこちでフラッシュの光が…
「これこれ、フラッシュ焚いたって興福寺五重塔まで光は届きませんよ。」とお節介のひとつもいってみたくなる。
ところが一眼は少し敵視される傾向にあり。
三脚を立ててる人もケッコウおりまして、通行でごった返してるところに立てるものだから、トラブッたりしてる。
 
ま、今回は写真を撮るというよりもこの目で見学するのがメインなのですが、いざ写真を撮ろうと思ったら通行の邪魔にならない人の少ない場所に行って撮るという窮屈さ。
被写体が映えるベストポジションを探すより、人の邪魔にならないポジションを探してる自分がおかしくもあります。
 
写真を撮るのもほどほどにして、人の通らない静かな芝生の上に座って灯を眺めます。
そして亡くなった親族や友人知人のことをボーっと思い起こしたりします。
大きく息を吸って、そして大きく息を吐く。
息・・・漢字が示すとおり、吐く息・吸う息・・・阿吽の呼吸は自らの心なのであります。
[PR]
by echoes06 | 2008-08-15 01:58

写真・イラスト・よもやま話


by おすぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31