#871 三段壁


d0069495_7181761.jpg

札幌の時計台、土佐のはりまや橋、福井の東尋坊。
日本の三大ガッカリ名所などといわれている。
札幌の時計台は行ったことがないのでわからない。
はりまや橋は、「え、これがそうなの?」という感じしかなかった。
♪土佐の高知のはりまや橋で 坊さんかんざし買うを見た~♪
よさこい節の一節でしかはりまや橋を知らないせいもあるのだろう。
歴史的な背景を知っていれば、また感じ方も違ったのかも知れません。





d0069495_719812.jpg

関西の人なら南紀白浜は行ったことがあると思います。
南紀白浜の観光といえば千畳敷、三段壁。
もっともアドベンチャーワールドや白浜エネルギーランドがオープンしてからは、三段壁には立ち寄らないことがあるのかも知れませんが。
東尋坊には悪いけどこちらの方が見応えがある。
三段壁駐車場前に大きなお土産屋があるけれど、そこから三段壁までの歩道には土産屋がない。
いか焼きなどの海産物は露店では売っておらず、食べたければ食堂で食べる。
喫煙者用に喫煙場所が設けてある。
たったそれだけの違いなのだけど、東尋坊では焼き物の串や吸い殻や空き缶がいたるところに捨てられていて興醒めしたことを思うと、雲泥の差だ。


d0069495_7201915.jpg

十数年ぶりの三段壁。
崖の上からエレベーターで38m降りると、坑道のような場所にでる。
その昔ここは熊野水軍の隠れ場所であったのだそうだ。


d0069495_7193530.jpg

エレベーターの扉が開くと爆音のようなものすごい音がします。
洞窟内に流れ込んできた海水が岩に砕けて散る音。
洞窟内にその音が響きわたっています。
海岸べりまで出ると硫黄のにおいがして、岩が変色している。
近くに古くから湧出している温泉の源泉があって、このあたりにも硫黄が噴き出しているのかも知れません。


d0069495_721245.jpg

とにかく、うちの一家は見学時間が異常に長い。
何か見つけては、じーっと立ち止まり、説明板があれば看板に穴があきはしないかというほど読み倒し、岩にぶつかる海水を誰かが号令をかけるまで眺め続け、まるで牛歩を超えてでんでん虫歩です。
でも、短時間のうちにあちこち見て回って、うちに帰れば何も覚えていないというよりはいいような気がします。


d0069495_7235346.jpg

洞窟内には弁天様が祀られてます。
まわりの薄暗さもあって、少し神秘的な感じです。
そういえば、団体旅行で来られていた一行のガイドさんが「三段壁では写真を撮らないように」というような事を言っていました。
撮影禁止ではないので写真を撮るのはNGではありません。
心霊写真が撮れるからということでしたが、そんなことはおかまいなしで皆写真を撮ってます。
もっともデジカメでは心霊写真といわれているものは撮れないと聞いた事があるので、まったく気にしてません。


d0069495_7242335.jpg

崖の上から飛び降り自殺をする人がいるところから、そのような事がいわれているのでしょう。
ひととおり見終わってエレベーターに乗るのかと思いきや、またもや岩にぶつかる波をじっと眺めている相方と長女。
やれやれ。金婚式の集合時間に間に合います事やら(苦笑)

[PR]
by echoes06 | 2009-03-13 07:27

写真・イラスト・よもやま話


by おすぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31