カテゴリ:奈良県( 200 )

d0069495_23562117.jpg

PCの調子が悪い
すこぶる悪い
そこにもってきて鼻水や咳が止まらない
風邪なのか、花粉症なのか
はたまたインフルエンザなのか



[PR]
by echoes06 | 2016-02-13 00:03 | 奈良県

景観よりも。。。

安全
d0069495_00544363.jpg




[PR]
by echoes06 | 2016-02-05 00:55 | 奈良県

ドキドキ


d0069495_02323477.jpg





[PR]
by echoes06 | 2016-02-04 02:34 | 奈良県

へっついさん

d0069495_17071838.jpg

「へっつい」といっても関西の一部でしか言わないようでして
関西でも京都では「おくどさん」と言ってるようです。
一般的には「かまど」というのでしょうが
今の若い人は知らないことが多いようです。
もっとも、今の若い人の言葉は私にもわかんらんものが多いのでして
ま、意味はわかるけど、「ガッツリ」なんちゅう表現は
昔はなかったように思うのです。





[PR]
by echoes06 | 2016-01-30 17:13 | 奈良県

火鉢

d0069495_21482786.jpg




[PR]
by echoes06 | 2016-01-27 21:49 | 奈良県

使途不明

d0069495_22532084.jpg




[PR]
by echoes06 | 2016-01-26 22:53 | 奈良県

流し台

…だと思う。
d0069495_23033463.jpg





[PR]
by echoes06 | 2016-01-25 23:03 | 奈良県

文明式標準

d0069495_23593919.jpg




[PR]
by echoes06 | 2016-01-25 09:45 | 奈良県

生物

d0069495_00082114.jpg

はじめに断っておきますが酔ってます。
酔った状態で文章を書き始めると、出だしの一行が書ければ
あとはなんぼでも書けてしまう。
書けてしまうのだが、中身が下品になったり支離滅裂になってしまう。
…ということをまず最初にお断りしておきます。

鳥居というのは女性器の象徴である。
鳥居をくぐった先にあるのは宮である。
柏手を打ちお賽銭を投げふと顔を上げると
本殿の宮には三種の神器がおかれてある。
三種の神器の真ん中は鏡である。
そこには欲ぼけた自分の顔が映っている。

幹線道路から少し入った道を歩いていると
「痴漢に注意」という看板がかかっている。
日が暮れにこの道を歩いてたら痴漢に間違われるかも知れんから
昼間しか歩けんわい。

学者ではないので偉そうなことは言えないけれど生物学的にいうと
セックスの根本的な目的は人間だけに限らず
子孫を残すことであるとするならば
やはりデキのいい子を残したいと思うのは当然か。
で、あれば、女性の場合、優れた遺伝子を残すために優れた相手を選ぶということになる。
ところが男性の場合、いくらがんばっても子供を産むことは出来ないので
自分の遺伝子を残そうと思えば、その種をばらまくしかない。

相対的に痴漢は男性であるのは、そういうことが原因なのかも知れない。
しかし大半の男性は理性でもって抑制することができる。
が、しかし、逆に痴女はいないかというとそうでもない。

他の生物…特に昆虫…は理性もなにもあったもんじゃないから
その生態を知ると、そりゃあえげつないったらありゃしない。
生物の世界は何とも不思議な世界ですなあ。




[PR]
by echoes06 | 2016-01-23 00:31 | 奈良県

d0069495_00364985.jpg

囲炉裏の鍋を吊るす鈎にはたいてい魚の形をしたものが付属しているが
何故、魚なのかということについて
何か理由があるのかどうかは全く知らない。

話は変わって
実は昨年7月に丸坊主にした。
理髪店の大将は「本当にええのん?」と何度も念押しをしたが
「かまわんから、バッサリやっちゃって」と答えた。
マルガリータになった私を見たヨメや娘は無反応。
友人知人といえば、概ね男性は「そのほうがええやん」と好意的
一方、女性は「前の方がかわいかったのに」という意見があったり。
ええ年こいたオッサンに対して「かわいい」もないやろうに。

そして次に出てくる言葉といえば
「僧侶になるのか」
「懺悔するような、悪いことしたんか」
「何かあったのか」というような事ばかり。

ま、実際のところは、ある人に「頭のてっぺん、ちょっと薄なったんとちゃう?
地肌見えてるで」と言われたことがキッカケで
自分では全然気づいてなかったんやけど
ある日の朝、顔を洗うとき頭の上部あたりを鏡に映してみたら
確かに少し薄くなってるのを確認して
さてどうしたものかと考えた。

つまりは、ひたすら育毛剤、養毛剤のお世話になるか
あるいはバッサリと潔くマルガリータにしてしまうかの選択に迫られた。
その結果、バッサリと切ったという次第。
当初はちょっと恥ずかしくもあったが
10日もすれば、周りもすぐ慣れて今や全然違和感なし。

シャンプーの使用量は減るし
ドライヤーが無くてもすぐ乾くし
もちろんクシも必要ないし
寝癖もつかんし…
ええことだらけやんか。

ところがここにきて冬は意外に寒いことに気付く。
次の休みの日には、帽子を買いに行くとするか。




[PR]
by echoes06 | 2016-01-21 00:55 | 奈良県

写真・イラスト・よもやま話


by おすぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31