今子浦

d0069495_10500036.jpg

かなり前のことですが、今子浦で一泊したことがあります。
目的はカニを食べることと付近の観光。
この辺りには柴山港や香住港など松葉ガニの水揚げが多い港があります。
幼かった子供たちを連れての家族旅行だったのですが

d0069495_10502494.jpg

子供らはまだカニの味はわからんやろうということで
子供らには、ハンバーグやエビフライなどがついたお子様定食。
親はもちろんカニスキや焼きガニなど。
子供らがカニを食べたいと言うので少しあげると
味をしめてしまったのか「カニ、カニ」の大合唱。
親が殻から身を外しても、次から次へと子供らが食べてしまうので親はほとんどカニを食べれず
子供らがほとんど手を付けなかったお子様定食を親が食べる羽目に。

d0069495_10505673.jpg

「小さいうちから高級食材の味を覚えさせたらあかんなあ。」
そんな事を嫁さんと話してたことが思いだされます。
そんな子供たちも今や全員社会人。

子供たちよ、今度は君たちが親に松葉ガニ料理を振る舞ってくれる番だぞ。


[PR]
by echoes06 | 2015-10-27 11:06 | 兵庫県 | Comments(0)

御火浦

d0069495_08450570.jpg


陸から眺めるよりも
舟に乗って海側から眺める方が
勇壮な海岸や神秘的な洞門を
見ることができるのはわかっていたが
諸般の事情があって断念

d0069495_08452134.jpg


もっとも陸側からしか見れない風景もある訳です
ね、お地蔵様


[PR]
by echoes06 | 2015-10-26 08:51 | 兵庫県 | Comments(0)

魚と屋

d0069495_16531904.jpg


宿泊2日前に宿を探したが満室ばかり。
但馬地方といえば温泉もたくさんあるし、どこか空いてるやろうとは思っていたが…
城崎温泉などは、そもそも一人一部屋利用の設定がなかったりする宿もある。
サイトで検索すると何軒かヒットした。
「魚と屋(ととや)」はそのうちの一つ。
温泉旅館にしては珍しくビジネスホテルのシングルルームのような部屋が少しだけあって
そのうちの一室が空いていたので急遽リザーブ。
一泊二食付で8,640円、温泉なので入湯税150円、あわせて8,790円。
まあなんとリーズナブルなお値段。
あまり期待はしてなかったのだが(まあ部屋はビジネスホテルのシングルルームのようであったけど)
料理が夕食、朝食とも結構豪華。
もちろん松葉かにやマツタケ土瓶蒸し、但馬牛のステーキは、この値段は無理だけど
夕食は天ぷら(プリプリのエビ3尾、げそ天、野菜天)、お造り、小エビのから揚げ、イカの麹漬け、サラダ、茶わん蒸し
海鮮鍋、ハマグリの潮汁、ごはん、漬物…しかもビール一本無料サービス
朝食は魚の干物、のり、温泉卵、つくだ煮、サラダ、赤だし、漬物、ごはん…しかも食後のコーヒー付。
温泉もゆっくりつかれたし、非常に得した気分。
聞くところによると海産物を販売している企業の経営する旅館のようだ。
ま、安くで海産物の仕入れが出来るから、こんな値段設定が出来るのでしょうなあ。

昨夜はかなり雨が降ったようで路面がかなり濡れていた。
写真は一夜明けた朝、「魚と屋」の前から見た浜坂漁港。
とにかく昨日はとっても疲れてしまったので
温泉につかって、夕食たべてすぐ爆睡。
おかげで写真撮ったのはこの一枚だけ。


[PR]
by echoes06 | 2015-10-25 16:32 | 兵庫県 | Comments(0)

前略、女房殿…


妻にメールした

d0069495_20111537.jpg


あまりにも秋晴れのいい天気だったので京都に来てます

d0069495_20102059.jpg


御所の上空は真っ青で気持ちいいです

d0069495_20105421.jpg


けれど、お土産に買った豆餅を全部私が食べてしまったことは
…書きませんでした



[PR]
by echoes06 | 2013-12-02 09:32 | 京都府

きっと怖いよ

夜中に来たら
d0069495_17571668.jpg


d0069495_1757441.jpg
 
PENTAX DA70mm f2.4 Limited

[PR]
by echoes06 | 2012-12-30 17:55 | 大阪府 | Comments(2)

拝啓、ご住職様

拝啓、ご住職様。
底冷えのする寒い朝もお勤めご苦労様です
d0069495_9175074.jpg

加えて、参拝者に怪我のないように・・・

続きを見る
[PR]
by echoes06 | 2012-12-29 09:28 | 大阪府 | Comments(0)

追憶

思い出した。
36年前、木彫りの小さな像を売るために
この川に飛び込んでまで「千円!千円!」と叫んでいた少年がいたことを
d0069495_170054.jpg


「いらないよ」というと、二つ出してきて「千円!」と叫ぶ
それでも「いらないよ」というと、三つ出してきて「千円!」と叫ぶ
学生の自分には千円は貴重やったし
第一、置物で部屋が溢れかえるのが嫌だった。
お土産は消耗品がいいと今でも思ってる
[PR]
by echoes06 | 2012-11-20 13:15 | 海外

#1699 気になりだすと

d0069495_2323028.jpg
気になって仕方がない。
あの、おむすびのような山が
PENTAX DA55-300mm F4-5.8 ED

[PR]
by echoes06 | 2011-11-01 19:01 | 宮城県

1557 春待ち舟

d0069495_1335127.jpg
桜や菜の花が咲く頃まで

More
[PR]
by echoes06 | 2011-01-18 20:38

1550 淀んで候

d0069495_2194639.jpg


More
[PR]
by echoes06 | 2011-01-12 00:44 | Comments(2)

写真・イラスト・よもやま話


by おすぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31