護摩壇山

先週の話
義父の米寿と義母の喜寿のお祝いの宴をするということで帰省した。
遠回りになるけれど時間的にはその方が早いということで
いつもなら高速道路を通って海沿いから山の中を北上するのだけれど
宴は夕方からで時間的な余裕もあるので
今回は久しぶりに高野山越えでの帰省。
d0069495_08352833.jpg
久しぶりに高野山によって行きたいという家族の要望もあったのだが…








大阪・奈良側から車で高野山に行くには大きく三つのルートがあって
メインのルートで行くよりも一番西側の国道480号線を通るのが
センターラインのある比較的道路幅がある道路なのでこの道を選択。
途中の「矢立」でメインのルートと合流し
そこからは観光バスなども行き来する九十九折れの坂道で、
さほど道幅もない山岳道路となっている。

しばらくして高野山に到着するが、後部座席の二人は
すやすやと気持ちよさそうに眠っておられる。
起こすのも悪い…というよりも
平日の朝にもかかわらず、高野山の駐車場はどこも満車状態。
外国からの訪問客もずいぶんと多いようだ。
まあ、そんな訳で高野山には立ち寄らず
高野龍神スカイラインを通って実家に向かう。

d0069495_08371038.jpg
途中の護摩壇山の道の駅で休憩することにした。
紅葉の時期には少し早いようで、あと2~3週間後くらいが見頃になるのではないだろうか。
高野龍神スカイラインは護摩壇山まで山の尾根伝いを走る道路で見晴らしは最高。
尾根の東側が奈良県で西側が和歌山県。
写真は奈良県側の眺め。

d0069495_08372381.jpg
気温は何度か知らないけれど、かなり涼しい
というより寒いくらい。
高野山を通って帰省するのは何年振りやろう?
独り言のように呟いた言葉に奥さんが反応する。
「20年ぶりくらいと違うかな。」
阪和自動車道が部分的にしか開通してなかった頃は、高野~護摩壇山の山越えでよく帰省したものだ。
かつては高野山道路、高野龍神スカイラインも有料であったが
現在はどちらも建設費償還が終了したのか全て無料。
自宅から京奈和自動車道の無料区間を合わせると帰省するのに通行料は全くかからない。
高速道路を使うと二千数百円かかることを思うと、有難い事である。
ただし、護摩壇山~龍神温泉区間は冬季や夜間は通行止めになることがある。


d0069495_08373152.jpg
少し喉も乾いていたので道の駅で「熊野サイダー」を買う。
すっきり爽やかで美味しかったのだが、お値段は260円とちょっと高め。
通常の清涼飲料水2本分ですなあ。




[PR]
by echoes06 | 2015-10-13 09:18 | 和歌山県

写真・イラスト・よもやま話


by おすぎ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31