#938 ぶらり大阪(13) 天王寺七坂

d0069495_22311914.jpg

大阪市の中央部を南北に走る上町台地。
その上町台地を東西に横切るいくつかの坂があり、天王寺七坂と呼ばれてます。
(真言坂だけは南北に続く坂ですが・・・)




 
 

d0069495_22313473.jpg

 松屋町筋に面した下寺町から口縄坂を登ってきました。
 口縄というのは蛇のことで、下から見ると蛇のように見えるところからその名前が付けられたようです。
 舗装されてからは、ちょっとその風情がなくなったようにも思えますが・・・
 坂を上った左側に織田作之助の碑が建てられてあります。
 松尾芭蕉が亡くなったのもこのあたりなのだそうです。



 
d0069495_22315261.jpg

 口縄坂を上りきったところから、南へ少し歩くと「あいぜんさん(愛染堂)」があり、その西側に大江神社があります。
 この神社の西側に夕陽を拝める場所(行ったときはロープが張ってあって立ち入り禁止でした。)があり、このあたりは古くから夕陽丘と呼ばれているようです。
 愛染堂から大江神社の横を通っている愛染坂を下っていきます。




d0069495_22321632.jpg

 愛山坂を下って南に歩くと次に現れるのが清水坂。
 清水坂を上がって南に行くと清水寺に出ます。
 京都東山の清水寺と関係があるのかどうかは知りませんが、京都清水寺の音羽の滝と同じく大阪の清水寺にも滝があります。大阪市内で唯一の滝なのだそうです。
残念ながら舞台はございません。





d0069495_22323976.jpg

 清水坂から南にいくと現れるのが天神坂。
 天神坂を下ったところに前回の天神山の安居神社があります。



 
d0069495_2233296.jpg

 天神坂の南に走っているのが逢坂。
 今は国道になって車が走っていて、散策にはちょっと不向きかも。
 
 天王寺七坂といいながら時間がなくて、写真は五つの坂しか撮っていませんが、口縄坂の北には真言坂・源聖寺坂があり、学園坂を加えて天王寺八坂と呼ばれることもあるようです。
 坂を上ったり下ったり大変なように思われるかもしれませんが、ゆっくりあるいても2時間もあれば七つの坂を全部歩くことができると思います。
 七坂のパンフレットは逢坂の横にある一心寺でもらえるようです(今月6日から)。
 このあたりには、歴史好きの人にも楽しめるでしょうし、このあたりに残るいろんな話を探りながら歩いてみるのも、なかなか楽しいものです。
 個人的には、夕陽丘あたりが大阪の中でも一番大阪らしいところだと思うのですがどうでしょうか。

[PR]
by echoes06 | 2009-05-17 00:10

写真・イラスト・よもやま話


by おすぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31